軟水と硬水について

軟水と硬水の違いと身体の関係

 

近年ミネラルウォーターが手軽に購入でき、家庭用のウォーターサーバーも普及しているので、水道水を飲まずにミネラルウォーターを飲用している人はたくさんいると思います。
赤ちゃんのミルクに水道水はちょっと・・・という人や、妊婦さんは硬水を飲んだ方が良い、など色々言われています。

ミネラルウォーターは軟水と硬水に分けられていますが、
軟水と硬水とはどういう意味なのでしょうか。


簡単に説明しますと、軟水はカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が少ないものを指し、硬水はそういったミネラル成分が多いものを指します。

日本の採水地はほとんどが軟水ですから、日本人は軟水を飲むことに慣れていますし、硬水よりも飲みやすいと言えるでしょう。

ヨーロッパでは硬水が多いようで、日本でも有名なヨーロッパブランドのミネラルウォーターは何種類もあります。


手軽に選べる今、軟水と硬水、どちらを飲んだ方が身体にとって良いのでしょうか。

硬水の方がミネラル成分が多いので、硬水を飲んだ方がいいと思われがちですが、実は硬水は赤ちゃんや胃腸が弱い人にはあまり向かないようで下痢になることがあるのです。
また、お米も軟水で炊いた方が美味しいし、お茶も軟水の方が美味しいようです。

だからといって硬水がよくないわけではなく、コーヒーや料理に使うのは良いようです。
それに、ダイエットなどには硬水の方がミネラル成分が高いのでオススメです。

 

軟水と硬水の違いと身体の関係の関連ページ

安心で安全な水とは
安心で安全な水とは何か?水の種類と選び方について
天然水の定義とは
意外と知らない天然水の種類と定義について
美容や健康と水との関係とは
美容や健康にとって水が果たす役割について
ダイエットと水の関係とは
良質な水はダイエットにも良い!?