天然水について

天然水の定義とは

 

天然水の定義とは、インターネットで検索してみると、定義というものはないそうですが、
「地下水を原水とするもので、無機塩添加などの調整を行っていない水のこと。」と書いてあります。

農林水産省のガイドラインによると、ミネラルウォーターは次の4種類に分けられることになっています。

  1. ナチュラルウォーター
  2. ナチュラルミネラルウォーター
  3. ミネラルウォーター
  4. ボトルドウォーター

1.のナチュラルウォーターとは、地下水を原水とするもので、 沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、化学的な処理をしないものを言います。

2.のナチュラルミネラルウォーターは、地下水で、ミネラル成分が溶け込んだ水とするもので、 沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしないものを言います。

3.のミネラルウォーターとは、地下水でミネラル成分が溶け込んだ水ですが、 沈殿、ろ過、加熱殺菌以外に、複数の原水の混合、品質を安定させる為のミネラルの調整などの手を加えたものを言います。

4.のボトルドウォーターは、上記以外の水道水などの飲用出来る水で、 ボトルに入っていることが条件になっているものを言います。


以上のことから、天然水とは、1.のナチュラルウォーターと、 2.のナチュラルミネラルウォーターと同じ意味合いだということになります。

よく、天然水で作られた飲料水や、天然水仕込みの食べ物を見かけますが、 地下水を原水として、物理的、化学的な処理をしていない自然な水が使用されているということなのですね。

 

天然水の定義とはの関連ページ

安心で安全な水とは
安心で安全な水とは何か?水の種類と選び方について
軟水と硬水の違いと身体の関係
軟水と硬水に含まれるミネラルの違いや目的に応じた選び方について。
美容や健康と水との関係とは
美容や健康にとって水が果たす役割について
ダイエットと水の関係とは
良質な水はダイエットにも良い!?